竹尾ゼネラルカンパニーはなぜ儲かるのか(3)

<続・前提条件について>

  •  第2話の回想シーンにおいて厚井専務が「トライダーG7は10億つまれても売れない」と語っている。ということはトライダーシャトルと合わせても20億円以下と考えられる。ちなみにB-2ステルス爆撃機は2400億円。
  •  会社の資産は次の通り。作中に購入したと考えられるのはテレビのみ。ほかはすべて先代の竹尾道太郎が購入したものと考えられる。

      トライダーG7

      トライダーシャトル

      会社ビル(3階建て)

      格納庫兼補修工場(機械設備含む)

      惑星探索用バギー(第7話で使用)

      宇宙ポッド(第9、22、38で使用)

       ※38話で破壊されており、以後使用されていないため

        未購入と考える

      自転車

      ハングライダー(第37話で使用)

      テレビ

      電話3台(事務所2台、社長室1台)

      事務所:机4台、事務イス4脚、ロッカー1個

      社長室:机1台、応接机1台、事務イス1脚、

           応接イス2脚、長椅子1脚

 

  • 物価は昭和55年当時の価格で描写されている模様。作中では「物価が上がる」「物が高くなる」等の発言が多かったが、現実も同様だったようだ。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ