竹尾ゼネラルカンパニーはなぜ儲かるのか(1)

 1.竹尾ゼネラルカンパニーとは

  1980年に放送されたTVアニメ「無敵ロボ トライダーG7」において主人公″竹尾ワッ太″(小学6年生)が経営する中小企業。「宇宙の何でも屋」としてスーパーロボットのトライダーG7を使い、メカロボットの撃退・荷物運搬・危険物処理等を行う。

 

 2.竹尾ゼネラルカンパニーは儲かっていたのだろうか

  管理人が子供の頃、多くのロボットアニメが放送されていたため、トライダーG7については「公園から飛び出す変形ロボット」ぐらいの記憶しか残っていない。しかし、作品全体を通して「値上げ」「費用」「請求書」等の当時では意味不明な単語が飛び交っていたように思う。はたして、あの会社は儲かっていたのだろうか。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ